EU、7月から米国商品に報復関税発動へ

币安网

2018-06-08

  新时代呼唤新作为。面对新的社会实际,不能躺在功劳簿上,钻到成绩单里,必须把正风肃纪进行到底,推动新时代作风建设风正一帆悬。风成于上,俗形于下。所有党员干部要牢牢守住思想作风红线,坚持以上率下,巩固拓展落实中央八项规定精神成果,用关键少数带动普遍多数,发挥好头雁效应,自觉抵制四风变种,尤其是官僚主义和形式主义残余。当前,民主生活会和组织生活会正在全面开展,以这些重要会议为契机,深入查摆问题,开展好批评和自我批评,给自己的思想来一个大扫除。

    不过,根据《2017年全球电子垃圾监测报告》,电子垃圾中只有20%被回收,未被回收的电子垃圾中有约4%被直接扔入垃圾填埋场;其余76%则被不完全处理。像报道中提到的,被称为中国“电子垃圾拆解第一镇”的广东省贵屿镇,是中国最著名的电子垃圾拆解产业聚集地,因为仍然使用最原始的“洗金”“烧板”等方式进行提炼,贵屿镇地表水、地表水底泥、地下水、大气、土壤等普遍受到污染。即使2016年以来贵屿对粗放式经营进行了整治,循环经济产业园也投入运营,但环境修复依然长路漫漫。EU、7月から米国商品に報復関税発動へ

  然而,一年来,ofo创始团队对滴滴表现出的抗拒,最终在去年11月的滴滴系高管“被离职”一案中彻底明面化。而后,ofo通过与阿里结盟,在今年3月脱离滴滴控制,阿里系得以进入ofo董事会。知情人士表示,从估值上,遭遇ofo“反水”后的滴滴更为慷慨,但这一提议并未获得足够的股东支持。事实上,在昨日传出滴滴欲入股摩拜的消息后,滴滴第一时间对之进行了否认。

  他们之中有全国人大代表、省美协理事、市人大副主任、市政协常委、市民主党派正副主委、市美协、书协负责人,有享受政府特殊津贴者、市优秀知识分子、市拔尖人才等。另外,还聘任了一批兼职画师。

  在此,我代表总会向大会的胜利召开和受到表彰的优秀志愿者个人及集体表示热烈的祝贺,向福利院的各级领导表示诚挚的感谢。在回顾工作、总结经验、表彰先进的同时,要着眼于新的发展、新的提高和新的目标,进一步运用成果、理清思路、明确举措,不断把我会的志愿服务工作推进到一个新的发展阶段。”  张旭最后提到,“同志们,青年志愿者朋友们,我相信在我们共同的不懈努力下,志愿精神一定会得到更为广泛的传播,青年志愿行动也必将会在新的一年中谱写出更加绚丽的篇章!”会后,知行志愿者分会文艺部还表演了精心组织的文艺节目。您当前的位置:阆中市检察院:禁毒宣传进校园发表时间:2017-07-05|来源:四川新闻网  四川新闻网南充6月26日讯(侯俊宏)为增强青少年的禁毒意识和能力,阆中市人民检察院未成年人刑事检察科于23日至26日深入阆中市实验小学、江南职中、河溪中学开展了以“无毒青春、健康生活”为主题的禁毒宣传活动。

米国が欧州連合(EU)からの鉄鋼アルミニウム輸入に新たな関税を課したことを受け、欧州委員会は6日、7月に報復関税の適用を開始すると発表した。

中国新聞社が報じた。

欧州委員会は5月18日、今後、EUとして追加関税賦課の対象とする米国商品のリストを世界貿易機関(WTO)に対して通告していた。

EUは7月から同リストに基づいて米国商品に追加課税を賦課する。 同リストには、衣服や化粧品、モーターボート、バイクから、オレンジジュース、ピーナッツバター、クランベリー、バーボンウイスキーなどに至るまで、64億ユーロ(約8320億円)相当のEU製品が入っており、米国が追加関税を課した鉄鋼アルミニウムの64億ユーロ相当と同額だ。

欧州委員会は、「報復関税の適用は2段階に分け、まず、EU加盟国が6月末に足並みを合わせ、7月から28億ユーロ(約3600億円)相当の米国商品に関税をかける。 そして、2021年3月にまだ問題が解決していない場合や、WTOが米国の関税を違法と判断した時点で、残りの36億ユーロ(約4600億円)相当に関税を課す」方針を示した。

欧州委員会の委員であるセシリアマルムストローム氏は、「米国のEUからの鉄鋼アルミニウム輸入に新たな関税を課したことは、一方的で違法なもの。 EUは、報復措置を講じてEUの利益を保護する以外の選択肢はない」とした。 欧州委員会の発表によると、米国商品に対して報復課税を発動させるほか、EUは米国に対する2つの対抗措置を講じている。

一つは、6月1日から、米国がEUからの鉄鋼アルミニウム輸入に新たな関税を課したことについて、WTOに提訴した。

もう一つは、3月26日から、EUへの鉄鋼製品の輸入に関してセーフガード調査を開始した。 対策が必要と判断されれば、EUは今年の夏に、米国の措置により行き場を失った製品がEU内に流入するのを防ぐためにセーフガード措置を発動する。

今年3月8日、米国のトランプ大統領は、「国家の安全を守る」ことを理由に、EUからの鉄鋼アルミニウム輸入に新たな関税を課すことを発表し、米国の盟友であるEUから強い不満の声が上がった。

その後、米国は、追加関税発動の時期を遅らせていたものの、6月1日から鉄鋼、アルミニウムの輸入に対して、それぞれ25%、10%の税率適用に踏み切った。 17年のEUによる試算では、EUにとって米国は、鋼鉄製品の最大の輸出先で、アルミ製品も5番目に大きな輸出先だ。

6月1日、米国が鉄鋼アルミニウムに対する追加関税を発動したことで、EUの53億ユーロ(約6800億円)相当の鋼鉄製品、11億ユーロ(約1400億円)相当のアルミ製品に影響が及ぶと見られている。

(編集KN)「人民網日本語版」2018年6月7日。